〜女性カウンセラーによる女性のためのオンラインカウンセリング〜
トップページへ 初めての方へ カウンセリングについて コラム 心の病

⇒戻る
●●● ADHD(注意欠陥多動性障害) ●●●

幼児期や小学校低学年に多くみられるもので、「落ち着きがない」「じっとすわっていられない」「気が散る」などの症状が顕著で、日常生活が妨げられたり周りと協調できない場合には、治療が必要となってきます。

原因としては、さまざまな脳の後遺症、出産時の異常、遺伝などが考えられています。
ADHDの子供は、周りに迷惑をかけ、家庭でも学校でも叱られることが多くなるので、「どうせ自分なんか」と自分を卑下したり、自信喪失になります。

病院でADHDと診断された子供には、家庭・学校・病院とよく情報交換をして、なるべくむやみに叱ることを避け、たくさんほめて自信をつけさせること。 集中力がないので学習障害も起こりますので、根気よくわかりやすい説明をして、時には社会的常識も教えていかなければなりません。
ほめられず、劣等感や挫折感が強まると、不登校になったり自傷行為に出る場合もあるので、まわりの環境と理解を続けていかなければなりません。
今、この病気に対する特効薬も出ていますが、あくまで対症療法なので、やはりまわりの人がこの病気を理解し、本人に自信をつけていくことが必要です。また、本人や親のカウンセリングも現在よく取り入れられています。


○カウンセラーからのひとこと
子供たちの落ち着きのなさは、性格的なもの、年齢的なもの、病的なものなどさまざまです。
これを的確に判断するのはとても難しいことですが、学校の教師や家族の方は心の病について理解を深め、限度を超えた行動が目立ってきたら、まず医師やカウンセラーに相談しましょう。
子供たちはまわりの人たちに理解されないと、自分の存在を否定していきます。
学校でも家でも叱られ、自分の居場所を失ってしまうのです。
正しい躾はもちろん必要ですが、いつも心の病が隣り合わせにあるということを感じながら子育てをしていただきたいと思います。


お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2007 Chara's room All Rights Reserved.
アクセス解析